パソコンを使えない若者が急増中

ほんのひと昔前までは、「パソコン=若者が得意」というイメージがあったはずだが、 
今や新しい風潮が生まれてきているのだという。 
ある機関の調査では「若者のパソコン離れ」という傾向が浮かび上がってきた。

スマホをメインの携帯電話として利用する15~19歳の男女がパソコンからインターネットにアクセスする時間は 
減少しており、特に10代のパソコン離れが急加速しています。 
もちろんその原因はスマホの普及。画面サイズが5.5インチの「iPhone 6 Plus」をはじめ、 
いまや5インチ超の大画面タイプが続々登場し、ネット閲覧もスマホだけで事足りる状況になっており 
「ミニパソコン」ともいえる高性能スマホがあれば、パソコンを使う機会が減るのは当然です。 
特に仕事でパソコンを使う必要がない10代の若者にしてみれば、「スマホだけで十分」なのですね。 
新入社員を採用する企業側も対策が急がれます。